黒烏龍茶・中性脂肪を減らすための方法についていろんな角度から中性脂肪を減らすやり方を紹介していきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒烏龍茶


現代の日本では様々なお茶ば楽しむ事ができ、ペットボトルのお茶などもかなり多くの種類が販売されとーと。 そして季節限定品や新製品なども次々と出とぅペットボトルのお茶やばってんがくさ、機能性も兼ね備えたお茶ちゅうのも幾つか見かける事ができますとよ。 食物繊維入りのお茶などは手軽な価格で買えますが、それ以外の機能性のあるお茶は少々高めの価格で棚に並んでおるイメージがあるとです。 そげんお茶の中でん今回注目したいのはサントリーの「黒烏龍茶」やけん。 「中性脂肪に告ぐ」のCMでん有名な黒烏龍茶やばってんがくさ、烏龍茶はもともと中国でん日本でん健康に良かお茶として親しまれてきたお茶やばってんがくさ、そん烏龍茶の健康への力が科学的に証明されたのがサントリーの黒烏龍茶だそうたい。 これは特定保健用食品でんあるとです。 黒烏龍茶に含まれとぅ烏龍茶重合ポリフェノールちゅう成分は、食事と共に摂っと、食事の脂肪吸収ば抑制し、食後の中性脂肪上昇も抑制する働きばすっと言われとーと。 特定保健用食品とは、科学的に健康の維持や促進に役立つ事が認められ、厚生労働省が認めた食品の事やばってんがくさ、そん黒烏龍茶、なんで「黒」とつくのかちゅうと、烏龍茶は、茶葉の半発酵の過程で烏龍茶特有の成分ば作っと言われており、それは烏龍茶の色や味ば作る大事な成分やけん。 こん中で特に脂肪の吸収抑制の効果が高か成分ば烏龍茶重合ポリフェノールと言い、こん色の濃い成分ば多く含む黒烏龍茶は、通常の烏龍茶より黒か色が濃い事からとされとーと。 後味のすっきりした、苦味、渋みが少なく、さっぱり深みもある味わいの烏龍茶やけんので、どげん食事にもピッタリな飲み物だそうたい。 食事の際の摂取目安量は1食につき350mlとされとーと。 小さめのペットボトル1本ば飲めば良かちゅう事になりますとよ。 こんように古くから健康に良かとされとぅお茶、是非きちんと食生活の改善もした上で取り入れっと、中性脂肪減少にもより効果的やからはと思っとーとよ。
スポンサーサイト
Copyright © 中性脂肪を減らす All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。