中性脂肪と病気・中性脂肪を減らすための方法についていろんな角度から中性脂肪を減らすやり方を紹介していきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中性脂肪と病気


中性脂肪の増えすぎは健康に良くなか、と言う事ばよく耳にしときますばい。 中性脂肪は体温ば一定にしたり、内臓ば外部の衝撃から守る働き、体ば動かすエネルギーなどとして働きますが、そん一方で増えすぎた中性脂肪は、主に皮下脂肪となり肥満の原因になりますとよ。 そして内臓に沈着したもんは臓器障害の原因となってきますとよ。 中性脂肪が少々高くなったとよくらいでは、体にすぐに悪影響が出っとちゅうわけではなかとですが、そん状態が続くと、様々な病気、具体的には動脈硬化、高脂血症、肥満症、糖尿病などん原因となってきてしまおっと。 高脂血症とは、血液中の脂質値が必要量より異常に多か状態のこつで、血中脂質の高か状態の継続は、狭心症、心筋梗塞など心臓病の原因となってきますとよ。 動脈硬化は動脈壁の限局的な肥厚増殖が起き、そこに脂質、カルシウム塩が沈着してしまい、血管壁の弾性線維ば破壊し血管の弾力性が失われた状態ば言おっと。 そして糖尿病とは、ブドウ糖が血液中に増え過ぎ、糖が尿の中に溢れてきた状態ば言おっと。 高血糖の持続が急性または慢性の合併症ば発症させ日常的な生活に様々な障害ばきたしてしまおっと。 また肥満症は、脂肪組織の過剰蓄積の状態ば言おっと。 さらに体格指数25ば超えて来っと合併症の発症頻度も高くなって来ますとよ。 中性脂肪が多過ぎるのも生活習慣病のひとつちゅう事が分かったとよが、それが原因で様々な病気も発症してしまうわけやけん。 また上述した病気の他にも、肝臓が解毒作用、代謝ば行えなうなる脂肪肝、血液中の中性脂肪、コレステロールの過剰蓄積から血液が流れにくうなる事からおきる高血圧症なども起こりやすくなってきますとよ。 健康のために中性脂肪値ば下げたい場合、やはり食生活の改善と適度な運動やけん。 また中性脂肪値があまりにも高か場合などは医師の診断ば受けっとちゅう事も考えた方が良か場合もあるようやけん。 中性脂肪も何でん体などに害のある物は増えすぎる前に対処できれば、それが一番だと思っとーとよ。
スポンサーサイト
Copyright © 中性脂肪を減らす All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。