ストレスの悪影響・中性脂肪を減らすための方法についていろんな角度から中性脂肪を減らすやり方を紹介していきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスの悪影響


イライラする、ストレスがたまる、睡眠不足、なんや体に悪そうな感じがばりしときますばい。 それでは具体的にどん様に体に悪かかちゅうと、これらは中性脂肪やコレステロール値ば上昇させてしまう働きもあるようやけん。 心の乱れが体の物質に影響ばおよぼす事は科学的に証明されとぅそうたい。 心の乱れが何故中性脂肪などと関係するのかと言うと、ストレスば感知すっと、人の体は緊張し、自律神経が過剰に反応してしまうそうたい。 自律神経のバランスが壊れっとアドレナリンやノルアドレナリンが分泌されてしまい、血管が収縮し、血圧が上昇し、心拍数も上昇しときますばい。 アドレナリンやノルアドレナリンは中性脂肪ば分解してくれる働きも持つとですが、一方で、副腎皮質ホルモンちゅう物質も分泌されますとよ。 こんホルモンの増加により血液中に血清中に溶けとぅ脂質の1つである遊離脂質酸が大量に発生し、これが肝臓でコレステロールや中性脂肪に合成され、結果、コレステロール値、中性脂肪値の上昇につながるわけだそうたい。 また、ストレスの大きな原因にもなる睡眠やばってんがくさ、睡眠不足が続く事などは、自律神経の働きば崩し、上述したように遊離脂肪酸が大量出現する原因となってしまおっと。 良か睡眠ば得るためには、午後1時~2時くらいの間の15分くらいの仮眠ばとる事が良かなどと言われとーと。 これは午後の活動が多くなり、夜も良く眠れるようになるそうたい。 昼食の後に仮眠ばとっとちゅうのはばり健康的な事やばってんがくさ、そんごたる環境は中々可能ではなか事かもしれましぇん。 ばってん少しでん良かので「昼寝」する事は結果的には中性脂肪減少にも良か効果ばあらわす事なようやけん。 睡眠不足やストレス、一見中性脂肪とは結びつかなか事にも思えますが、大きく関係する事でんあるようやけん。 中性脂肪対策の為にもやはり健康な生活が必要となってくっと言えるとよ。
スポンサーサイト
Copyright © 中性脂肪を減らす All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。