中性脂肪を減らすための方法についていろんな角度から中性脂肪を減らすやり方を紹介していきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中性脂肪とは


脂肪と言えば、とにかく嫌われがちな存在やけん。 そん理由にはダイエットの敵、病気のもとと言ったとよもんがあるやろうか。 ばってん脂肪は、大切なエネルギー源にもなり、内臓ば衝撃から守り、体温ば保持すっとちゅう働きもするため、身体にとっては必要なもんでんあるとです。 今回は中性脂肪について見て行きたいとですが、脂肪組織の中に最も多くあるのが中性脂肪であっといえるとよ。 中性脂肪とは、糖質の2倍ば越えるエネルギーば持っており、身体は非常時にそなえて、こん脂肪ば貯めこむ癖ば持っとーと。 これは昔の食糧難の時代の身体の仕組みやばってんがくさ、現代の日本などでは、こん仕組みに反して中性脂肪ば溜め込みすぎなかようにする方が大切になってくる事も多かといえるとよ。 ところで、中性脂肪、体脂肪、コレステロールとはどん様な違いがあるかご存知やろうか。 まず身体についとぅ脂肪組織の総称が「体脂肪」で、体脂肪のもとの事が「中性脂肪」やけん。 「コレステロール」は中性脂肪と同じ脂質のひとつやばってんがくさ、中性脂肪もコレステロールも身体にとって重要な役割ばする反面貯め込み過ぎっと、どちらも動脈硬化などん原因になりますとよ。 中性脂肪とは食事で取る場合に吸収されず残ったとよ分が蓄積される以外に、体内でん作られとぅそうたい。 中性脂肪について簡単に見て来ましたばってんが、中性脂肪が身体にとって必要なもんであっと言う事も覚えておきたい事柄やからはとも思ったとよ。
スポンサーサイト

中性脂肪ば減らす


中性脂肪は身体にとってなくてはならん存在でんあるとですが、やはり増えすぎに気ば遣っとぅ方も多く居るのではと思っとーとよ。 そこで今回は中性脂肪ば減らす方法ば簡単に見て行きたいと思っとーとよ。 中性脂肪ば減らすのもダイエットと同じく、正しか食事制限と適度な運動なようやけん。 さらに細かく見ていくと、まずアルコールは肝臓で中性脂肪となるため、飲酒の量が増加すればするほど中性脂肪地も上がってくるこつが分かっとーと。 そんため、中性脂肪減少の為には飲酒も適度に行う事が大切になってきますとよ。 脂っこいおつまみも避けたいもんとなりますとよ。 甘いお酒ば避ける他、飲酒の回数も減らす事が大切だそうたい。 そして、お酒、おやつ、くだもんなどは1日200キロカロリー以内にする事が中性脂肪ば減らすためには大切やけん。 ダイエットにも同じ事が言えるとよ。 目安量よりも多く摂ってしとった場合などは2~3日で調整すっと良かそうたい。 また夕食の献立の見直しや、量の見直しも大切になってきますとよ。 食後の活動が少なかと思われる夕食は、バランスよく、脂っこすぎず、腹八分と言う事が大切になってくるのではと思われますとよ。 また、食事以外にも適度な運動も大切になってきますが、姿勢ば綺麗に保つ、生活中にこまめに活動して身体ば動かす、有酸素運動ば行うなどが挙げられますとよ。 生活の中でんこまめに動く事ば習慣化する事や、有酸素運動、例えばウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳など自分にあったとよもんば自分に合ったとよ時間だけ、続けられる範囲で行う事が大切となってくるようやけん。 食事に関しても運動にかんしてもダイエットにつながるもんが多くあるとです、中性脂肪ば減らすにも、生活全体ば変えて、それば継続するくらいの意気込みで行かなくては成功せんかもしれなかちゅう事も言えるのではと思っとーとよ。

中性脂肪と食事


中性脂肪ば減らしたい時に大切となってくる生活習慣のひとつがやはり食生活といえるそうたい。 ばってん食生活の改善とは言おっとが、具体的にはどんごたるもんがあるのやろうか。 中性脂肪ば減らすためには、まず腹八分、食べ過ぎなか事が大切になってくるようやけん。 それは1日の活動エネルギー内で3食ばきちんと、多種類の食品ば摂る事にあるとです。 朝食は、脳のエネルギーとなる糖質ば中心にごはんやパン類など主食ばきちんと摂る事が必要になってきますとよ。 昼食は、間食ば防ぐためにも。 主食・主菜・副菜のバランスのとれたスタイルの食事ば摂る事が大切やけん。 具体的には和定食や、バランスの良かお弁当などやけん。 夕食は、朝食や昼食で摂れなかったとよ栄養ば補うつもりで食べますとよ。 甘い物、果物ば夜に食べるのは中性脂肪増加の原因になりますので避けたい事やけん。 中性脂肪とイメージの近い脂質の摂り過ぎはもちろんいけましぇんが、炭水化物の摂り過ぎも中性脂肪の増加につながってしまおっと。 ばってん極端に減らしたりするのではなく、適量ばバランスよく摂る事が大切になってくるようやけん。 早食いや、ながら食い、まとめ食いは良くなく、深夜の飲食も避けたいやけん。 そして自分の適正エネルギーば知り、そん範囲内の食事ば心がけるこつも大切やけん。 そして脂質、糖質、アルコールなど何でん適量に摂る事、腹八分の食事ばする事などが中性脂肪ば減らす食事のポイントになってきそうたい。 中性脂肪ば減らすためには、まず適正な摂取カロリー、炭水化物量、タンパク質量、脂質量など少し細やいようやばってんがくさ1度調べてみる事から始まるのではと思っとーとよ。

コレステロール


中性脂肪はよくダイエットや健康の敵であっとちゅうようにされておっとが、健康の為には適度に必要なもんであっともいえるとよ。
中性脂肪の仲間には、コレステロールやリン脂質があるとですが、今回は中性脂肪の仲間のコレステロールについて少し見て行きたいと思っとーとよ。

コレステロールは、血液中に分布しとぅイメージが強いやばってんがくさ、脳、脂肪細胞内臓、筋肉、など全身に分布しとーと。
そして細胞膜ば維持すっとちゅう役割ばしとーと。
また、筋肉などば高めるホルモンや、食物の消化などば助ける胆汁の材料でんあるとです。
これらの事からも人の身体には不可欠な存在ともいえるとよ。

コレステロールは一般に「善玉」、「悪玉」などとも呼ばれとーと。
「善玉」も「悪玉」どちらもコレステロールば運ぶ役割ば持っておっとが、そん運び方の違いから呼び名も異なるようやけん。
「悪玉」の場合は、コレステロールば各細胞に運ぶ働きはあるとですが、余分なコレステロールの回収機能が無おっために、血液中にコレステロールがたまってしまうためからそんごたる名前で呼ばれとぅようやけん。

人間の身体には必要なコレステロールも、やはり蓄積し過ぎは生活習慣病の原因になってしまおっと。
ばってんコレステロールの過剰な蓄積と言っても、自覚症状や初期症状の見られるもんではなかので、健康診断の結果などに注意して早めに対処する事が必要なようやけん。

アロマテラピー


アロマテラピーちゅうと、香りば楽しむもんで、色々なシーンで活用されておっとが、アロマテラピーの効果ば、中性脂肪減少に活用する事も可能だと言う事が分かっとぅようやけん。 今回は中性脂肪減少に効果的なアロマテラピーについて見て行きたいと思っとーとよ。 グレープフルーツとはミカン科の植物で、アロマオイルは果皮ば圧搾し採油するそうたい。 実が枝にぶどうとような房状でなるこつから「グレープ」フルーツと呼ばれ、苦味と甘さのバランスの良か味わいば持っとーと。 また皮に含まれる香りに調和もあり、人気のあるアロマオイルだそうたい。 原産地はアジアやばってんがくさ、現在グレープフルーツの栽培ば代表するのはアメリカだそうたい。 グレープフルーツオイルのアロマ効果は、リンパ系の良か刺激剤となる事だそうたい。 リンパの流れば良くして、むくみば解消、利尿作用もあり体内浄化の働きもしときますばい。 そして、グレープフルーツの香りは中性脂肪ば燃焼する働きばする事も分かっとーと。 そして心への働きとしては、自信ば与え、軽ちゅうつ状態ば改善させる効果がみられるそうたい。 グレープフルーツの香りばハンカチなどに落として携帯すっとちゅうのも良か方法だそうたい。 嫌味の無い香りで気分も良くなり、心の強さも引き出してくれるそうたい。 またグレープフルーツなど柑橘類の香りには食欲ば抑える働きもあっと聞おった事があるとです。 生活の中などで、色々な香りも上手に活用したいもんだと思っとーとよ。

レシピ


中性脂肪とは、生きていく上で欠かせなか脂質の1つやばってんがくさ、中性脂肪は多過ぎても悪玉コレステロール増加の原因になってしまおっと。 中性脂肪の減らし過ぎは体に良くなかとですが、増やし過ぎはさらに良くなか事やけん。 中性脂肪ばバランスよくするためにはまず食事の改善やからすが、今回はひとつ中性脂肪にも良か食材ば使ったとよレシピば見て行きたいと思っとーとよ。 イカはタウリンば含み、そんタウリンが中性脂肪ば増やすのば防いで、動脈硬化予防の働きばしてくれますとよ。 また野菜の食物繊維は、血液中の過剰な脂質ば体外に排出してくれる働きば持ちますとよ。 そこで今回はイカと野菜ば使ったとよレシピば見て行きたいと思っとーとよ。 まず材料は4人分で、イカ大1ぱい、赤ピーマン大1/2個、キナピーマン1/2個、ニンニクの茎6本、アンチョビ5枚(20g)、にんにく1片、スパゲッティ300g、しょう油小匙2、オリーブオイル適量、イタリアンパセリ適量、塩・こしょう少々、となっとーと。 ピーマン類は種ば除き、にんにくの茎は半分に切っておきますとよ。 そしてオリーブオイル小匙1ば絡めてグリルで焼きますとよ。 両面焼きグリルでピーマンば強火約6分、にんにくの茎は強火で約2分、片面焼きグリルにして、ピーマン強火約6分、にんにくの茎強火で役分焼き、食べやすい大きさに切っておきますとよ。 そしてイカの内臓は取り除いておき、ゲソの足先ば切ります、オリーブオイル小匙1ば絡めてグリルで焼きますとよ。 両面焼きグリルで強火約3分、片面焼きグリルで強火約3分、返してから約3分、冷める前にしょう油小匙1ばまぶし下味ばつけて、胴ば輪切り、ゲソば食べやすい大きさに切っておきますとよ。 またアンチョビば細かく刻み、ニンニクばつぶしときますばい。 そしてイタリアンパセリはみじん切りにしておきますとよ。 フライパンにオリーブオイル大匙3とにんにくば入れて弱火にかけますとよ。 香りがしてきたらアンチョビば入れ、野菜類とイカば加えるとよ。 そして大き目の鍋にお湯ば沸かして、塩(分量外)ば湯の1%くらい入れてスパゲッティばゆでますとよ。 そして野菜類とイカば炒めとぅフライパンにスパゲッティば加えて、しょう油小匙1で味付けしときますばい。 香り付けにオリーブオイル大匙2ば加えて、塩・こしょうで味ば整え、最後にイタリアンパセリば散らせば出来上がりやけん。 こんレシピには細めのスパゲッティがよく合うそうたい。 グリルなどば使うので一見手間がかかるようやばってんがくさ、野菜の旨みがよく引き出る調理法で野菜も美味しく食べられるレシピやからはと思っとーとよ。 一皿で手軽に中性脂肪対策にも良か食材が取れそうで良かのではと思っとーとよ。 またパスタは全粒粉の物なども見かけますので、そん様な物ば使うとよりヘルシーなレシピになるかもしれましぇん。

中性脂肪とアルコール


中性脂肪とは増えすぎても減りすぎても問題のある脂肪やばってんがくさ、現代では増え過ぎが問題になっとぅ場合の割合の方が高かと言われとーと。 それでは中性脂肪ば減らす為には、油物やドレッシングば控えめにすれば良かのやろうか。 これは完全にはマルとは言えなか事なようやけん。 体内で中性脂肪となるのは、油脂類、脂肪ば多く含む食品ちゅうイメージが強いやばってんがくさ、実際には糖分やアルコールも中性脂肪に変化する事が分かっとーと。 ノンカロリー食品と言われるもん以外の全てのエネルギー源ば含む食品が中性脂肪に変わっとちゅうわけやけん。 そん中でんアルコールは小腸などからアルコールのまま吸収され、肝臓で分解、最終的には水と二酸化炭素となり排出されますとよ。 アルコール自体が中性脂肪に変わるわけではなかとですが、分解の際に脂肪の合成ば進める酵素が発生してしまおっと。 そんため肝臓での中性脂肪の合成が進み、肝臓内の脂肪細胞の中に貯えられてしまおっと。 中性脂肪に変わるのは、必要エネルギー以上に摂取してしとったエネルギーで、アルコールが中性脂肪ば増加させるのはもちろん、油分、糖分も過剰な摂取によって中性脂肪増加の原因となりますとよ。 30代の男性が1日の活動に必要なエネルギーは2200kcalくらい、女性は1800kcalくらいと言われとーと。 自分の適正なカロリーば知って食事の改善ばする事が中性脂肪減少のまず第一の方法な様やけん。

中性脂肪対策


中性脂肪と聞くと、ダイエットや健康の敵の様に思えてしまう場合もあっと思っとーとよが、中性脂肪とは肝臓で作られ体ば動かす大切なエネルギーになる物やけん。 ばってん中性脂肪の過剰な貯め込みは様々な病気ば引き起こしときますばい。 それらの病気は無症状で進行する事が知られとぅため、日頃の生活習慣の改善が必要となってきますとよ。 中性脂肪ば減らすには食事の見直しと適度な運動が必要やばってんがくさ、食事の見直しと言うと、食事バランスの改善や、油物や糖分の多かもんば控えっといったとよ事が思い浮かびますが、そん他にも中性脂肪ば減らすと言われとぅ成分ば食事に取り入れる事もひとつの方法と言えそうたい。 中性脂肪ば減らすと言われとぅ成分には、EPAやオレイン酸がある事が分かっとぅそうたい。 EPAとはサバ、サンマ、イワシ、カツオ、アジなどに多く含まれとぅ成分で、中性脂肪、コレステロールば減少させる働きばすっとされとーと。 青魚の缶詰など多く出回っとぅとで、そげなもんば利用するのも良さそうたい。 オレイン酸とは、コレステロールの悪玉ば下げて善玉ば上げる働きばするそうたい。 オリーブオイル、ゴマ油、菜種油などに多く含まれる成分やけん。 オリーブ油で有名な地中海沿岸に住む人々は、多くの脂肪ば摂取しとぅとにも関わらず、冠状動脈性疾患などが少なか事がよく知られとぅ事からもオレイン酸の働きが良く分かりますとよ。 増えすぎた中性脂肪、コレステロールの対策に、EPAやオレイン酸ば取り入れてみっとちゅうのも良か事やからはと思っとーとよ。

中性脂肪の予防


中性脂肪は身体にとって必要な脂肪でんあるとですが、現代では増えすぎによって様々な病気ば引き起こす事でん知られとぅと思っとーとよ。 中性脂肪の増え過ぎば抑制するために効果的な事といえば、食生活の改善と適度な運動と言われておっとが、そん他にも中性脂肪抑制のためにも取り入れたい成分が知られとーと。 それは緑茶の葉などに含まれるカテキンやばってんがくさ、これは緑茶の苦味成分でんあるとです。 カテキンはココア、赤ワインにも含まれとぅポリフェノールの仲間とされており、抗酸化作用ば持っとーと。 緑茶ば食生活に取り入れっと良かようやばってんがくさ、どんごたるタイミングで飲むのが効果的やろかと言うと、緑茶の抗酸化作用は飲んだ後だおったい2時間ほど継続するそうたいので、朝食、午前10時頃、昼食、午後3時頃、夕食などちゅうように、1日に何回も飲むといったとよ方法が良かそうたい。 カテキンの抗酸化作用により、悪玉コレステロールの酸化ば防ぐ効果が期待でき、酸化による病気の発生ば抑制する事ができるようやけん。 ポリフェノールにも抗酸化作用が期待できますが、ココアは栄養素+抗酸化、赤ワインはアルコール+抗酸化であるのに対して、緑茶は水+抗酸化やから最も日常生活に取り入れやすい抗酸化作用のある食品であっと言えそうたい。 こまめな水分補給は大切だとよく言われておっとが、そん水分補給ば緑茶にしてみっとちゅうのも中性脂肪、コレステロール対策には適しとぅとかもしれましぇん。

中性脂肪と食品


皆しゃんは普段の食事の調理でどんごたる油ば使用しとぅやろうか。 油と言っても、ひまわり油、菜種油、ごま油、オリーブオイルなど代表的な物だけでん数種類あるとですが、現在日本でん多く見かける油のひとつに、健康ば重視した物も多くあっと思っとーとよ。 そげん中でん今回は花王から発売されとぅ「エコナ」について少し見て行きたいと思っとーとよ。 「エコナ」というても、そん種類は豊富で、「エコナクッキングオイル」、「エコナヘルシー&ヘルシークッキングオイル」、「エコナマヨネーズタイプ」、「エコナドレッシングソースシリーズ」、「エコナおいしさたっぷりドレッシングソースシリーズ」、「エコナ素材にこだわったとよパスタソースシリーズ」、エコナの油ば使用したシーチキンなどがあるとですが、そん中でん「エコナクッキングオイル」、これは食後の血中中性脂肪ば上昇させにくくし、身体に脂肪ば付けにくくする特徴ば持つ油だそうたい。 「エコナクッキングオイル」は、主成分のジアシルグリセロールの働きで食後の中性脂肪上昇、脂肪が身体に付く事ば防ぎやすくする事が可能なようやけんので、体脂肪や中性脂肪が気になる人、肥満気味の人などにもお勧めできる商品な様やけん。 肥満やなか人の脂肪が減少したり、中性脂肪の正常な人の数値が更に下がる、などと言う事は無いそうたいので、家族みんなで使用するこつもできるようやけん。 日本人の食用油の適正な摂取量は1日に10~12、5gとされておっとが、そん範囲内で一般的な食用油と同じ様に使用できるそうたい。 「エコナ」以外にも中性脂肪や健康に気ばつかったとよ食用油も幾つか見かけますが、食用油も自分に適した物ば上手に利用できていければ良かのではと思っとーとよ。

とろろ昆布


中性脂肪は増えすぎても減りすぎても健康に問題の出てくる脂肪と言われておっとが、現代では中性脂肪の増え過ぎの方が問題になっとぅとされとーと。 それでは中性脂肪ばどん様に減少させればよかのかと言うと、食生活の改善と適度な運動である事が分かっとーと。 そして、中性脂肪ば減らしたい場合、それ以上中性脂肪値ば上昇させなか事も大切になって来るのではと思っとーとよ。 そこで今回は、中性脂肪の上昇ば抑える事に少し注目して見たいと思っとーとよ。 中性脂肪の上昇ば抑える為にもやはり減少させるのと同じく食生活の見直しが大切になってくるようやばってんがくさ、ひとつ注目したい食材があるようやけん。 それは昆布やからすが、昆布はミネラル、食物繊維が豊富な生活習慣病予防に効果的な成分ば多く含んでおっとが、中性脂肪の上昇ば抑えるのに更に効果的な昆布がとろろ昆布であっと言われとぅそうたい。 食品メーカーフジッコのニュースリリースから、フジッコと東京海洋大学大学院の教授、共同研究の結果、とろろ昆布の血中中性脂肪上昇抑制の作用がある事が分かったとよそうたい。 研究では、蒸留水、とろろ昆布、昆布の粉末ばそれぞれラットに与え、血中の中性脂肪値ば総量で比較した結果、蒸留水に比べ昆布の粉末が半分、とろろ昆布は1/3までに中性脂肪の上昇が抑えられとったちゅう事が分かったとよそうたい。 とろろ昆布とは、昆布ば酢に漬け、表面ば柔らかくし薄く削ったとよ物やばってんがくさ、昆布に切削ちゅう工程が加わる事で、細胞が細かくなり、中性脂肪の上昇ば抑えっと言われる水溶性食物繊維が体内により取り入れやすうなる事から、昆布よりも中性脂肪値の上昇ば抑える効果が高うなるそうたい。 とろろ昆布も、食事のバランスば考えつつ食事に取り入れて行くと、中性脂肪ば減少させたい人にとっては良か助けになりそうだと思っとーとよ。

中性脂肪と病気


中性脂肪の増えすぎは健康に良くなか、と言う事ばよく耳にしときますばい。 中性脂肪は体温ば一定にしたり、内臓ば外部の衝撃から守る働き、体ば動かすエネルギーなどとして働きますが、そん一方で増えすぎた中性脂肪は、主に皮下脂肪となり肥満の原因になりますとよ。 そして内臓に沈着したもんは臓器障害の原因となってきますとよ。 中性脂肪が少々高くなったとよくらいでは、体にすぐに悪影響が出っとちゅうわけではなかとですが、そん状態が続くと、様々な病気、具体的には動脈硬化、高脂血症、肥満症、糖尿病などん原因となってきてしまおっと。 高脂血症とは、血液中の脂質値が必要量より異常に多か状態のこつで、血中脂質の高か状態の継続は、狭心症、心筋梗塞など心臓病の原因となってきますとよ。 動脈硬化は動脈壁の限局的な肥厚増殖が起き、そこに脂質、カルシウム塩が沈着してしまい、血管壁の弾性線維ば破壊し血管の弾力性が失われた状態ば言おっと。 そして糖尿病とは、ブドウ糖が血液中に増え過ぎ、糖が尿の中に溢れてきた状態ば言おっと。 高血糖の持続が急性または慢性の合併症ば発症させ日常的な生活に様々な障害ばきたしてしまおっと。 また肥満症は、脂肪組織の過剰蓄積の状態ば言おっと。 さらに体格指数25ば超えて来っと合併症の発症頻度も高くなって来ますとよ。 中性脂肪が多過ぎるのも生活習慣病のひとつちゅう事が分かったとよが、それが原因で様々な病気も発症してしまうわけやけん。 また上述した病気の他にも、肝臓が解毒作用、代謝ば行えなうなる脂肪肝、血液中の中性脂肪、コレステロールの過剰蓄積から血液が流れにくうなる事からおきる高血圧症なども起こりやすくなってきますとよ。 健康のために中性脂肪値ば下げたい場合、やはり食生活の改善と適度な運動やけん。 また中性脂肪値があまりにも高か場合などは医師の診断ば受けっとちゅう事も考えた方が良か場合もあるようやけん。 中性脂肪も何でん体などに害のある物は増えすぎる前に対処できれば、それが一番だと思っとーとよ。

サプリメント


みなしゃんは普段の生活にどん程度サプリメントば取り入れとぅやろうか。 サプリメントちゅうと様々な会社からかなりの種類が販売されており、最近は手にも入れやすいやけん。 そげんサプリメント、やはり健康や美容の為に飲む方も多かのではと思っとーとよが、ダイエットば考えとぅ方や、中性脂肪やコレステロールなどん値が高か人も薬の前にまずサプリメントば考えるかもしれましぇん。 そこで今回はサプリメントに関するちびっとした注意点などば見て行きたいと思っとーとよ。 サプリメントは確かに薬の様な見た目ばしておっとが、薬と同じように「悪くなってからサプリメントば摂る」ちゅう考え方は正しか物ではなかとです。 サプリメントはあくまで病気の予防に摂取するもんやからす。 最近何かと話題になっとぅ中国やばってんがくさ、過去には中国製のダイエットサプリメントによる健康被害なども報道された事があるとです。 健康被害までいかなくともサプリメントの副作用などは気になる事柄やばってんがくさ、中国製サプリメントの事故と共に薬事法違反のために摘発された業者も頻繁にあったとよそうで、さらに副作用や健康被害についても事前に調べて置くこつも必要で、サプリメントもあまり安易には買えなか物ともいえそうたい。 購入に関しては、色々と選択に迷う場面もありそうたいが、輸入物か国産物か迷う場面などもあるかもしれましぇん。 中国製サプリメントの事故などからも輸入サプリメントのイメージはあまり良くなかかもしれましぇんが、輸入サプリメントの場合は厚生労働省などん厳しかチェックば通らんごとては日本国内には入ってこなか仕組みとなっとぅそうやから、輸入サプリメントばそこまで倦厭する必要もなさそうたい。 国内のサプリメントには無い効果や成分ば持ったとよサプリメントも輸入物なら手に入る事もありそうたい。 もちろん国内産のサプリメントにも様々な効果が期待できそうたい。 美容、健康、ダイエット、サプリメントもおおいに利用したいもんやばってんがくさ、ダイエット、コレステロール値、中性脂肪値の気になる方や血圧、視力など健康、様々な事の改善、まずは食生活と運動ば改善したうえでサプリメントも利用すっと良か方向に向やいそうだと思っとーとよ。

中性脂肪と運動


中性脂肪、ダイエットの敵とようによく言われますが、身体にとってはなくてはならん物でんあるとです。 ばってん現状では中性脂肪ば減らしたい人の方が多く居るのではとされとーと。 中性脂肪ば減らしたいのなら、ダイエットと同じ事ば行えばよかわけやばってんがくさ、まずは食事の改善やからはと言われとーと。 そして、食事の改善以外にもうひとつプラスしたいのが適度な運動やけん。 適度かつ習慣的な物が最も良かようやけん。 実際に中性脂肪ばため込んでおる人には習慣的な運動ばしておらん人が多かと言う事も分かっとぅようやけん。 脂肪燃焼酵素活性化ば目標にすっとおのずと中性脂肪も減少してくるわけやばってんがくさ、具体的にはどん様な運動ばすれば良かのやろうか。 やはり適度な運動と言う事からも様々な有酸素運動が思い浮かびそうたい。 有酸素運動とは酸素ば取り入れながら長時間続けられるスポーツの事やばってんがくさ、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、エアロビクス、水泳などがあるとです。 消費カロリーが一番多かのは水泳やからはと思われますが、習慣的に行うためにも自分に合ったとよ有酸素運動ば見つけるほうが中性脂肪減少の近道になりそうだと思っとーとよ。 ひとつの有酸素運動だけではなく、何種類か組み合わせて行うのも飽きなどが来なくて良か方法かもしれましぇん。 もちろん一種類にしぼって集中して行うのが良か人も居っと思っとーとよ。 急激な運動で汗ば流すちゅうよりは、ゆるやかに身体が温まっとちゅう様な有酸素運動やばってんがくさ、そん様なゆるやかさば利用した運動がより中性脂肪減少には良か結果の出る方法と言えそうたい。

りんごと中性脂肪


りんご言えば、赤色や緑色やキナ色などがあり、味も大きさも様々やばってんがくさ、季節問わず手に入るポピュラーな食べ物と言えるとよ。 そんままで食べても、お菓子の材料にしても、フレッシュジュースでん美味しく色々な食べ方もありそうたい。 そげんりんごの抽出成分ば「リンゴポリフェノール」と言おっとが、アサヒビールの臨床試験によりこん成分が、血液中の中性脂肪の増加ば抑える効果がある事が確認されたそうたい。 臨床試験は今までは動物へ行われとったそうたいが、今回は人間へ行われたそうたい。 リンゴポリフェノールは、脂質ば分解する酵素リパーゼが活性化するのば抑える働きばしときますばい。 そん小腸で起こる働きから、吸収されなか脂質が体外に排出されてしまおっと。 アサヒビールの試験では、およそ600mgのリンゴポリフェノールば摂取してから食事ばすっと、摂取しておらん場合と比較して、血液中の中性脂肪値がおよそ20%減少する事が分かったとよそうたい。 600mgのリンゴポリフェノールとはりんご約3個分だそうたい。 最近の弘前大からの報告では、リンゴポリフェノールの一種、プロシア二ジンが、体内への脂肪蓄積ば強く抑える働きがある事が明らかにされていよったと。 そん報告は、ラットば使ったとよ動物実験でプロアニジンば摂取したラットは、糖から脂肪ば作る酵素リパーゼの働きば50%以上抑えたちゅう事が明らかにされたもんやった。 またそん脂肪合成の抑制力はお茶のカテキンと同じくらいのもんとされていよったと。 アサヒビールの試験と単純に比較はでけんやばってんがくさ、ウーロン茶ポリフェノールと同じくらいの脂肪合成の抑制効果があっと見とぅようやけん。 そんためアサヒビールは肥満、高脂血症予防のために、サプリメントなどへの開発ば進めとぅようやけん。 中性脂肪減少に良か成分も次々と発見されとぅごたるので、中性脂肪減少に良か市販品なども上手に利用して行きたいもんだと思っとーとよ。

メタボリックシンドローム


中性脂肪値が高か、コレステロール値が高か、と聞くと何が思い浮かぶやろうか。 ダイエット、肥満などと共にメタボリックシンドロームなども出てくるかもしれましぇん。 メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に高血圧、高血糖、高脂血症 のうち2つ以上が合併した状態の事ば指しときますばい。 メタボ、代謝症候群などとも呼ばれますとよ。 3つの症状のうち高脂血症に中性脂肪が深く関係しており、最近では脂質異常症と改名されたようやばってんがくさ、血液中の脂質が不足しとぅ場合も脂質異常症には含まれるようやけん。 メタボリックシンドロームの診断基準は、国際糖尿病連合では、男性では腹囲cm以上、女性では80cm以上かつ血圧、中性脂肪、HDLc、血糖の4つのうち2つの値が基準ば超える場合がメタボとされとーと。 また日本肥満学会では男性の場合腹囲85cm以上、女性は腹囲90cm以上かつ、血圧、中性脂肪、血糖の3つの値のうち2つ以上が基準ば超える場合がメタボとされとーと。 こんメタボリックシンドロームの診断基準は、アメリカ合衆国と日本とでは異なっとぅ事や、日本独自の診断基準に関する議論も色々と起こっとぅようで、メタボリックシンドロームば心配されとぅ方などはより詳しく診断基準などば調べる必要も出てくるかもしれましぇん。 中性脂肪値、血圧値、血糖値など、遺伝性の物もあるかもしれましぇんが、食生活の改善が必要な人や適度な運動が不足しとぅ人に起こりがちとも言える症状やからはと思っとーとよ。 メタボリックシンドロームのならん為にも日頃の生活などば見直してみるのも良か事かもしれましぇん。

肉のレシピ


中性脂肪ば減らしたい場合、生活の改善が必要となってきそうたいが、生活の改善とは具体的には食生活の見直しと、適度な運動習慣ば身に付ける事にあっと言われとーと。 そこで今回は、食生活の見直しに関して、中性脂肪値の減少にはぴったとよりのレシピば紹介したいと思っとーとよ。 キムチの唐辛子には、カプサイシンと呼ばれる辛味成分が含まれており、これは血行ば促進し、エネルギー消費、エネルギー代謝、中性脂肪減少に働くと言われとーと。 豚肉にはビタミンも含まれ、エネルギー代謝に重要な成分となってきますとよ。 豚肉ば選ぶ際は、脂身の少なかもも肉、ヒレ肉などば選ぶと中性脂肪減少にはより良か食材になっと思っとーとよ。 キムチと豚肉の組み合わせの料理と言えば「豚肉のキムチ炒め」やけん。 比較的簡単なレシピやけんので、中性脂肪対策に是非挑戦してみたいもんでんあっと思っとーとよ。 4人分の材料は、豚もも薄切り肉300g、キムチ200g、万能ねぎ1/3束、下味(しょうゆ小匙、酒大匙1、片栗粉小匙1)となっとーと。 まず豚肉ば一口大に切り、ボールで下味ば加えてよくもみ合わせますとよ。 キムチの汁気ば軽く絞り、万能ねぎは3cmくらいに切り分けますとよ。 中華なべやフライパンで、油ば使わず豚肉ばほぐしながら炒めますとよ。 くっついてしまう場合はほんの少量の油ば使用すっと良かようやけん。 またエコナなどん健康に配慮した油の使用も良かようやけん。 肉の色が変化したら、汁気ば絞っておおったキムチば加えるとよ。 そして汁気が少なくなり焦げ付きそうになったとよ頃、酒ば少々(分量外)加えてキムチが熱せられるまで炒めますとよ。 最後に万能ねぎば散らして軽く混ぜ合わせて出来上がりやけん。 油ば最小限に抑える為にはフッ素樹脂加工のテフロン製フライパンば使用すっと良かやけん。 また、キムチは「和風味」の物がお勧めだそうたい。 カロリーは上がってしまうかもしれましぇんが、風味付けにほんの少量のゴマ油ば最後に豚肉とキムチに回しかけっと、一味違ったとよ豚キムチ炒めにもなっと思っとーとよ。 ダイエット中、中性脂肪ば下げたい場合も、食生活には肉でん部位などば選んで利用すれば良か味方の食材となるのではと思っとーとよ。

魚のレシピ


中性脂肪値の気になる方、高すぎる場合、低すぎる場合様々だと思っとーとよが、そん改善にはやはり食生活と運動が重要となってきそうたい。 今回は食生活に関して、中性脂肪対策、特に中性脂肪値ば下げたい場合におすすめのレシピば紹介したいと思っとーとよ。 中性脂肪対策にぴったとよりの食材と言えば魚類で、積極的に摂りたいもんとされておっとが、中でんさば、トロ、はまちなどん魚は過剰な中性脂肪やコレステロールば下げっとも言われとぅEPAやDHAば多く含むそうたい。 そこで定番やばってんがくさ「さばの味噌煮」ば見て行きたいと思っとーとよ。 4人分の材料は、さば1尾か切り身2切れ、ねぎ1本、しょうが1欠、煮汁(水1と1/3カップ、赤味噌大匙4、砂糖大匙2、みりん・酒各大匙1)ば用意しときますばい。 まずボールに煮汁の材料ば混ぜ合わせ、かたまりにならんようにしときますばい。 そしてさば1尾の場合は、頭やワタば除いて洗い2枚におろして4~8切れに削ぎ切りにしときますばい。 ねぎば5cmくらいのぶつ切りにし、しょうがば皮付きのまま薄切りにしときますばい。 次に鍋に最初に混ぜておおった煮汁の3/4量と薄切りにしておおったしょうがば入れ強火にかけますとよ。 煮立ったとよら切っておおったさばば並べて弱火で7~8分煮ますとよ。 さばに火がほぼ通ったとよ頃、鍋の端に寄せて、切っておおったねぎの白か部分と、残りの煮汁ば入れますとよ。 そして煮汁ばすくいかけながら5分程煮て、切っておおったねぎの青か部分も入れてひと煮立ちすれば出来上がりやけん。 煮崩れせんコツとしては、大き目の浅い鍋にさばが重ならん様に並べる事が大切で、砂糖は最近良く見かけるノンカロリーの甘味料などば使うのも良かそうたい。 中性脂肪ば気にしとぅ方はもちろん、それ以外の人にも健康的で良かレシピだと思うので、是非挑戦してみたいレシピでんあっと思っとーとよ。

野菜レシピ


中性脂肪とは生きていく上で欠かせなか脂質でんあるとですが、増えすぎっと様々な生活習慣病の原因にもなってしまおっと。 減らしすぎる事もよくなかとですが、増やしすぎる事はもっとよくなかようやけん。 中性脂肪ば減少させるためには食事の改善が重要となってきますが、今回はそん点に注目してヘルシーな野菜のレシピば見て行きたいと思っとーとよ。 野菜の中でん現在では季節はあまり関係なく手に入っと思っとーとよが、特に春野菜に注目してみたいと思っとーとよ。 まずやがいもはビタミンCば含み、血管ば強くする働きがあり、アスパラは食物繊維ば含むので中性脂肪ば減らす効果があるとです。 そしてたけのこにも中性脂肪ば減らす効果が期待できますとよ。 それではレシピやばってんがくさ、材料は4人分で、やがいも(中)4個、玉葱1個、豚薄切り200g、アスパラ8本、サラダ油大匙2、水1.5カップ、コンソメ(粒状)大匙1と1/2、黒こしょう少々、A(砂糖大匙1、しょうゆ大匙2、酒大匙2、みりん大匙2)となっとーと。 まずはやがいも、玉葱、豚肉ば食べやすくカットしときますばい。 アスパラはさっと茹で4等分に切りますとよ。 そして鍋にサラダ油ば熱して、中火にし豚肉ば炒めますとよ。 やが芋、玉葱ば加えさらに炒め、カレー粉ば入れますとよ。 次に鍋に水とコンソメば加え弱火で約20分煮ますとよ。 そしてAの調味料ば加えさらに約10分煮ますとよ。 最後にアスパラば入れ、黒こしょうで味ば整えて出来上がりやけん。 竹の子は、厚揚げやこんにゃくと共にくしに刺し、田楽風にして食べる事がお勧めだそうたい。 中性脂肪ば減らしたい場合など、食生活に野菜ばたっぷりとり入れてバランスの良か食事ば目指したいもんだと思っとーとよ。

チェックテスト


中性脂肪は身体になくてはならん脂質でんあるとですが、最近では中性脂肪が増えすぎて困っとぅ人の方が多かのが現状な様やけん。 見た目はスリムでん中性脂肪が多かちゅうケースも良くある事なようやけん。 そこで今回は中性脂肪がたまりそうな生活ば簡単にチェックしてみたいと思っとーとよ。 半分以上○になってしとった場合などは生活習慣の改善が必要な場合が多かのではと思っとーとよ。 1、仕事が忙しかなどで外食が多か、2、毎日ジュースなどば1缶(350ml)以上飲んでおったり、間食には甘い物が欠かせなか、3、毎日日本酒2合以上、ビールなら大瓶1本以上飲んでおる、4、朝食ば抜く事が多か、5、夜の間食、夜食などば摂る習慣がある、6、最近ストレスば多く感じる、7、1日1時間以上ば歩かなく、自分自身でん運動不足ば感じとぅ、8、タバコば吸う。 チェックテストどうやったやろうか。 中でん外食に関しては、外食はたいていのメニューが脂肪ば多く含みカロリーも高めな事が問題になる場合もあるようやけん。 揚げ物類や明らかにバランスの悪か食事は避けたいもんやけん。 間食に関しては砂糖は1日20gくらいで充分やから、摂りすぎに注意したいやけん。 アルコールの適量は1日日本酒では2合くらいと言われとーと。 そして、朝食ば抜くのは、午前中の活動に支障ばきたすと共に脳に必要な糖分の摂取も出来なか事になりますとよ。 空腹からの昼の食べ過ぎの原因にもなりそうたい。 また夜食などは寝とぅうちの中性脂肪の大きな素となってしまうと言われとーと。 そして、適度な運動は脂肪ば燃焼し、ストレスも解消してくれますとよ。 ストレスも食事の食べ過ぎの素などにもなってくる場合が多かと思っとーとよ。 チェックテスト、ごく簡単なもんやったが、心当たりのある方は是非ちびっとした事から生活の改善ば目指すのも良さそうたい。 中性脂肪対策も早めの対応が良か結果ば生みそうなもんだと思っとーとよ。

ホットドリンク


寒か季節には温やい飲み物がぴったとよりやばってんがくさ、出来れば美味しか物で体も温めたいもんやばってんがくさ、今回は体も温まり、中性脂肪対策にも良かとされる飲み物ば紹介したいやけん。 豆乳は中性脂肪、動脈硬化やコレステロールの予防に効果があっと言われとーと。 そして生姜は体ば温める事で有名な食材やけん。 これらの材料ば使ったとよ飲み物がホット・烏龍・ソイやけん。 材料は1人分で、(無調整)豆乳100cc、烏龍茶(ティーパック)1個、熱湯100cc、生生姜、黒糖、砂糖、きな粉、すりゴマ等ば好みの量、となっとーと。 作り方は、まずカップに熱湯とティーパックば入れ1分半ほど待ち濃い烏龍茶ば作りますとよ。 次にそんカップに豆乳ば入れレンジで温めますとよ。 砂糖や生生姜ば好みで入れ混ぜれば出来上がりやけん。 甘目が好みの方は、砂糖の量以外にも調整豆乳ば使用しても良かそうたい。 烏龍茶は癖のなか香り、味がほんのりするくらいだそうたい。 他の紅茶などんお茶で試してみても美味しく出来そうたい。 また、コーヒーやココアなどでアレンジしても美味しかドリンクが出来そうたい。 朝食や、ダイエット、中性脂肪ば減らしたい時などんおやつにもピッタリの飲み物だそうたい。 豆乳ば使ったとよドリンクはカフェなどでんポピュラーになっておっとが、自分で好みの甘さや濃さにして豆乳ドリンクば作ってみるのも、中性脂肪にも良か事だと思っとーとよ。

食事メニュー


中性脂肪ば減らしたいとなっと、毎日の食事に気ば遣わなくてはなりましぇん。 ばってん、忙しか場合や、毎日の事やから面倒になったとよ場合などなかなか上手く行かなか場合も出てくっと思っとーとよ。 そこで今回は1日の適正摂取カロリー内で朝、昼、夜の献立例ば見て行きたいと思っとーとよ。 こんパターンばある程度守るだけでん食生活の改善におおいに役立ちそうたい。 1日の適正摂取カロリーば1800~1900kcalとした場合の毎食の献立例やばってんがくさ、朝食は約500kcalとして、タンパク質は卵1個くらい、野菜は2口×4種類、主食はトースト1枚、ご飯なら茶碗軽く1杯(110g)、飲み物は牛乳1杯、マーガリンやドレッシングは全部で大匙半分くらい、ば目安にしときますばい。 昼食は外食が多くなってくる事もあっと思っとーとよが、約800kcal前後にしときますばい。 なるべく和定食などんバランスのとれたもんが良かと思っとーとよが、カロリーも高目の洋食などば食べる場合も野菜物ば1品プラスするなどん工夫ばすっと良さそうたい。 そして夕食は500~600kcalに設定し、一汁三菜ば目安にすっと良かようやけん。 動物性タンパク質は50g~60g、野菜は根菜類なども積極的に摂り、120g~150g、調理油、ドレッシングは1人大匙半分~1杯以内、豆製品や芋類も上手に組み合わせっといったとよポイントば目安にすっと良かようやけん。 1日の適正摂取カロリーに併せて、必要なタンパク質量、炭水化物量、脂質量などば1度覚えてしまい、それば1日のうちで何回かに分けて摂る事ば習慣としてしまえば中性脂肪対策にも役立ちそうたい。 最初は少々面倒にも思えそうたいが、食生活の改善は後の生活にも色々と良か結果ばもたらしそうたい。

豆腐レシピ


中性脂肪ば減らす為には食生活の改善が第一やばってんがくさ、具体的にはどん様な事ばしたらよかのやろうか。 中性脂肪が気になる場合、魚は積極的に摂りたい食材となりますが、毎日魚ばっかいとなっと飽きが来る場合も出てくっと思っとーとよ。 そげん時にも活躍する食材に豆腐があるとです。 豆腐はそんまま冷奴などでん食べる事が出来ますが、今回は豆腐ば使ったとよ簡単なレシピば見て行きたいと思っとーとよ。 通常のハンバーグは脂質の多か合い挽き肉が使われておっとが、豆腐ハンバーグは通常のハンバーグより低カロリーになりますとよ。 ばってんボリュームはあり、経済的でんあるとです。 材料は4人分で、木綿豆腐300g、鶏ひき肉約250g、玉葱50g、人参60g、干ししかたけ2枚、乾燥芽ひじき大匙1、卵1個、片栗粉大匙1、塩・こしょう・しょうゆ各少々、ごま油少々となっとーと。 まず豆腐ばキッチンペーパーでくるんで、重しばして約1時間水切りしておきますとよ。 芽ひじき、干ししかたけはそれぞればぬるま湯につけておきますとよ。 戻したしかたけ、玉葱、人参ばみじん切りにし、戻した芽ひじきば細切りにしときますばい。 次に切ったとよ野菜とひき肉、卵ばよく混ぜ合わせますとよ。 そして手でほぐした豆腐、片栗粉、しょうゆ、塩・こしょうば加え、全体ばよく混ぜ合わせますとよ。 こん時柔らかすぎる場合は片栗粉か小麦粉で調整しときますばい。 よくこねた材料ば8等分にして、形ば整えるとよ。 手につく場合は、手ば軽く水にぬらすと良かそうたい。 ごま油ばフライパンで熱し、中火で焼き色が付くまで焼きますとよ。 焼き色がつおったらひっくり返して蓋ばして、弱火で中まで火ば通しできあがりやけん。 大根おろしとポン酢やしょうゆ、タレ用にあんかけば作るなどん工夫で美味しく食べられるようやけん。 フライパンはテフロン製でフッ素樹脂加工のもん等ば使うと油も少量で済みますとよ。 油もエコナなどん健康に配慮した物ば使うのも良さそうたい。 豆腐ハンバーグ、中性脂肪ば減らしたい時の食事で魚に飽きてきた時や、そうやなか時でん是非食卓に登場させたいレシピやからはと思っとーとよ。

中性脂肪と痛風


中性脂肪の増え過ぎはとにかく体に良くなかちゅうイメージが強いと思っとーとよが、ひとつ問題なのが、中性脂肪が増えすぎていても痛みなどん自覚症状があまり無いちゅう事があっと思っとーとよ。 ばってん、中性脂肪の増加によって起きる様々な病気ば防ぐ為にも、中性脂肪ば減らしたい場合も早めの対応が大切となってきますとよ。 そん、中性脂肪と関わる様々な病気には、高脂血症、心筋梗塞、脳梗塞、脂肪肝、痛風、狭心症、動脈硬化、糖尿病などがあっと言われとーと。 今回はそん中でん痛風について見て行きたいと思っとーとよ。 突然足の親指、特につけ根が激痛に襲われる、風が当たるだけでん痛い、そんごたる状態ば痛風と言おっと。 痛風の痛みはばり激しく、ピークの時には体も動かせなか状態になりますとよ。 それほどん痛みのある痛風やばってんがくさ、1~週間ほどで何事も無かったとよかの様に痛みが治まってきますとよ。 こん痛風は血液中に尿酸が増えすぎる事によって起こる症状やけん。 尿酸は過剰に増えっと、針状の結晶となり体の様々な箇所に沈着して関節などに沈着した場合に痛風発作となりますとよ。 痛風とは中年の肥満の男性の病気ちゅうイメージが強いもんやったが、最近では10代や20代の人にも発症する病気ちゅう事が分かり、増加傾向にもあるそうたい。 尿酸値が高めと診断されたら、早めに専門医ば受診する事が大切になってくるようやけん。 また痛風は「ぜおったく病」とも言われ、食生活と深い関わりのある病気やけんので、専門医の受診と共に、食生活の改善も必要となってきそうたい。

黒烏龍茶


現代の日本では様々なお茶ば楽しむ事ができ、ペットボトルのお茶などもかなり多くの種類が販売されとーと。 そして季節限定品や新製品なども次々と出とぅペットボトルのお茶やばってんがくさ、機能性も兼ね備えたお茶ちゅうのも幾つか見かける事ができますとよ。 食物繊維入りのお茶などは手軽な価格で買えますが、それ以外の機能性のあるお茶は少々高めの価格で棚に並んでおるイメージがあるとです。 そげんお茶の中でん今回注目したいのはサントリーの「黒烏龍茶」やけん。 「中性脂肪に告ぐ」のCMでん有名な黒烏龍茶やばってんがくさ、烏龍茶はもともと中国でん日本でん健康に良かお茶として親しまれてきたお茶やばってんがくさ、そん烏龍茶の健康への力が科学的に証明されたのがサントリーの黒烏龍茶だそうたい。 これは特定保健用食品でんあるとです。 黒烏龍茶に含まれとぅ烏龍茶重合ポリフェノールちゅう成分は、食事と共に摂っと、食事の脂肪吸収ば抑制し、食後の中性脂肪上昇も抑制する働きばすっと言われとーと。 特定保健用食品とは、科学的に健康の維持や促進に役立つ事が認められ、厚生労働省が認めた食品の事やばってんがくさ、そん黒烏龍茶、なんで「黒」とつくのかちゅうと、烏龍茶は、茶葉の半発酵の過程で烏龍茶特有の成分ば作っと言われており、それは烏龍茶の色や味ば作る大事な成分やけん。 こん中で特に脂肪の吸収抑制の効果が高か成分ば烏龍茶重合ポリフェノールと言い、こん色の濃い成分ば多く含む黒烏龍茶は、通常の烏龍茶より黒か色が濃い事からとされとーと。 後味のすっきりした、苦味、渋みが少なく、さっぱり深みもある味わいの烏龍茶やけんので、どげん食事にもピッタリな飲み物だそうたい。 食事の際の摂取目安量は1食につき350mlとされとーと。 小さめのペットボトル1本ば飲めば良かちゅう事になりますとよ。 こんように古くから健康に良かとされとぅお茶、是非きちんと食生活の改善もした上で取り入れっと、中性脂肪減少にもより効果的やからはと思っとーとよ。

タクティ


「残業続きで、深夜の食事が多か」、「コンビニのお弁当、ファーストフードばよく食べる」、「甘い物に目が無く沢山の量ば頻繁に食べる」、こんごたる食生活ば聞くと、どげんも体に悪く、中性脂肪の増えすぎなどに結びつく生活に思えるとよ。 こんごたる食生活ば見直し、適度な運動もし、食生活に関してはさらにバランスも考えっと言うごたる事が中性脂肪ば減らす王道なようやばってんがくさ、そん様な生活の改善にプラスしたい製品のひとつが、ロート製薬のタクティやからはと思っとーとよ。 こんタクティシリーズは、脂肪の摂り過ぎ、血糖値が気になる、といったとよ場合に体ば守り、健康な生活へ指揮すっとちゅう効果がある厚生労働省許可の特定保健用食品だそうたい。 「指揮」すっとちゅう事からタクトちゅう名前だそうたい。 中でんタクティGTは「グロビン蛋白分解物」ば含むため、食後の血清中性脂肪の上昇ば抑制できるそうたい。 それではそん「グロビン蛋白分解物」の詳しか働きはと言うと、まず体内に取り込まれた食物が脂肪ば分解する酵素によって分解されるのば抑えるため、脂肪の吸収も抑える働きばしときますばい。 そしてインスリンの働きば活発化するため、血液中の中性脂肪代謝ば良くしときますばい。 また、中性脂肪は肝臓で再合成され、脂肪組織などに蓄積されますが、そん材料である脂肪酸ば燃焼してくれるそうたい。 タクティの他にも、エムジーファーマーのナップルドリンク、キリンヤクルトネクストステージのうるウォーターオリゴペプチドなども中性脂肪に良か働きばする成分ば含んだドリンクとされとーと。 食生活の改善などが前提やばってんがくさ、こん様なドリンクば生活に取り入れるのも中性脂肪対策には良か働きばしてくれそうだと思っとーとよ。

昆布レシピ


中性脂肪値が気になる方は、特に食生活に気ば遣うのではと思っとーとよが、中性脂肪ば減らすには減量したい場合と同じく適量ば知って、ヘルシーな調理も心がける事やからはと思っとーとよが、食材にも気ば配りたいもんだとも思っとーとよ。 そこで今回は昔からのヘルシーな食材のひとつ昆布ば使ったとよレシピば見て行きたいと思っとーとよ。 昆布の中でん刻み昆布ば利用した手軽なレシピんごたるです。 材料は2、3人分で刻み昆布(生)150g~200g(1パック)、ツナ缶(油あっさりタイプ)小1缶、人参1/2本、サラダ油少々、●しょうゆ大匙2、●みりん大匙2となっとーと。 まず刻み昆布ば水で軽く洗い、ざく切りにして水気ばよく切りますとよ。 そして人参の皮ばむき千切りにしときますばい。 なべにサラダ油ば熱して人参ば入れ炒め、刻み昆布ば入れ炒めますとよ。 最後にツナ缶ば汁ごと加え、●で味ば調整し出来上がりやけん。 味付けの●は市販の濃縮めんつゆなどば利用しても良かようやけん。 そしてより簡単な作り方としては、材料ば全て耐熱容器に入れ、ふたばして、電子レンジで100gあたり2分くらいの割合で加熱するだけでん良かそうたい。 ツナ缶も、ノンオイルの物や、カロリーの低か物も市販されておっとので、そげな物ば利用するのも良さそうたい。 簡単かつヘルシーでおかずはもちろん、おつまみなどにもなりそうなレシピやけんので、中性脂肪対策に是非作ってみたいレシピやからはと思っとーとよ。

子ども向けレシピ


中性脂肪値ば気にすっと言えば、大人の場合がほとんどやからはと思っとーとよが、食生活の改善ばする場合、食卓ば共にする中にはガキも含まれる場合もあっと思っとーとよ。 調理ばする人間にとっては、中性脂肪対策用の料理と、ガキ向けの料理ば別々に作っとちゅうのは中々手間のかかりそうな事だと思っとーとよ。 そげん事からも今回はガキでん楽しめるのではと思う中性脂肪対策のレシピば少し見て行きたいと思っとーとよ。 まずは竹の子のレシピやばってんがくさ、これはチーズとえびば竹の子で挟みフライにするようやけん。 えびのタウリン、竹の子の食物繊維が、中性脂肪ば減少させ元気な体ば作ってくれるそうたい。 チーズの味や、フライにする事でガキにも食べやすいレシピと言えそうたい。 そしてもう一品は卵料理やばってんがくさ、具材に使うグリーンアスパラ、パセリが中性脂肪ば減らす働きばしてくれるようで。 材料は卵2個、塩少々、やが芋中1個、玉葱1・4個、赤ピーマン1/4個、茹でグリンピース大匙2、ハム2枚、サラダ油大匙1強、塩・こしょう適量、パセリみじん切り適量、ケチャップ適量となっとーと。 作り方は、まずやが芋ば1cmの角切りにして5分ほど水にさらし、水気ば切っておきますとよ。 そして玉葱は粗みじん切り、赤ピーマンとハムも大きさばそろえてみじん切りにしときますばい。 そしてフライパンにサラダ油の1/2量ば熱して、中火で先ほど切っておおった材料ばよく炒めますとよ。 そしてボウルに卵ばとき、塩コショウば加え、粗熱のとれた先ほど炒めた材料と、グリンピース、パセリのみじん切りば入れ混ぜますとよ。 最後にフライパンに残りの1/2の油ば熱して、先ほどん卵液ば流し入れて軽く混ぜ、半熱の状態になったとよらふたばして、弱火で両面ばしっかりと焼いて出来上がりやけん。 卵料理と、竹の子の料理、中性脂肪に良か食材も加えっと淡白な大人向きの料理にもなってしまいそうたいが、ひと工夫でガキでん楽しめるレシピにもできるようやけん。 調理の手間などば考えてもばり便利なレシピと言えるのではと思っとーとよ。

中性脂肪とダイエット


「中性脂肪」ちゅう言葉、ダイエットば考える人などはよく目にする言葉かもしれましぇん。 「中性脂肪ば燃焼しダイエット」などちゅう文句もよくあるとですが、こん言葉には少し問題があるようやけん。 それは筋肉がそんまま中性脂肪ば燃焼する事は出来なか事やけんとされとーと。 それは、筋肉が使用できるのは脂肪細胞の蓄えである中性脂肪ではなく、そん成分である脂肪酸やけんで、正しくは脂肪酸ば燃焼してダイエット、ちゅう事となりますとよ。 中性脂肪とダイエットの関係としては、中性脂肪は燃焼せんとですが、ダイエットの気になる人は、健康診断で中性脂肪ば測定する事がお勧めだそうたい。 それは中性脂肪は、ダイエットが楽かどうかの指標になるからである、とされとーと。 中性脂肪の測定値が50mg/dL以下の人はダイエットは無理であっとされますとよ。 そして50~100の人はダイエットは難しく、100~150の人はダイエットは可能性ありで、150ば超える人は、ダイエットの成功率が高くなってきますとよ。 中性脂肪値の高か人は、中性脂肪値ば下げる事がダイエットとなってくるので、ダイエットの成功率も高くなってくっと言えるそうたい。 中性脂肪値が高か状態とは、肝臓が中性脂肪ば作り過ぎとぅ状態やけん。 そん中性脂肪は脂肪細胞に貯蓄され、体脂肪が増加するので、肥満の敵は肝臓であっとも言えるのだそうたい。 そん為脂肪細胞自体が肥満の敵では無いと言えるとよ。 それでは中性脂肪値ばどうやって下げればよかのかと言うと、食生活の改善、適度な運動、特定保健用食品の利用、サプリメントの利用、医師に処方された薬の服用などとなってきますが、やはり中性脂肪も増えすぎる前に対処できるのが一番やからはと言える事だと思っとーとよ。

ストレスの悪影響


イライラする、ストレスがたまる、睡眠不足、なんや体に悪そうな感じがばりしときますばい。 それでは具体的にどん様に体に悪かかちゅうと、これらは中性脂肪やコレステロール値ば上昇させてしまう働きもあるようやけん。 心の乱れが体の物質に影響ばおよぼす事は科学的に証明されとぅそうたい。 心の乱れが何故中性脂肪などと関係するのかと言うと、ストレスば感知すっと、人の体は緊張し、自律神経が過剰に反応してしまうそうたい。 自律神経のバランスが壊れっとアドレナリンやノルアドレナリンが分泌されてしまい、血管が収縮し、血圧が上昇し、心拍数も上昇しときますばい。 アドレナリンやノルアドレナリンは中性脂肪ば分解してくれる働きも持つとですが、一方で、副腎皮質ホルモンちゅう物質も分泌されますとよ。 こんホルモンの増加により血液中に血清中に溶けとぅ脂質の1つである遊離脂質酸が大量に発生し、これが肝臓でコレステロールや中性脂肪に合成され、結果、コレステロール値、中性脂肪値の上昇につながるわけだそうたい。 また、ストレスの大きな原因にもなる睡眠やばってんがくさ、睡眠不足が続く事などは、自律神経の働きば崩し、上述したように遊離脂肪酸が大量出現する原因となってしまおっと。 良か睡眠ば得るためには、午後1時~2時くらいの間の15分くらいの仮眠ばとる事が良かなどと言われとーと。 これは午後の活動が多くなり、夜も良く眠れるようになるそうたい。 昼食の後に仮眠ばとっとちゅうのはばり健康的な事やばってんがくさ、そんごたる環境は中々可能ではなか事かもしれましぇん。 ばってん少しでん良かので「昼寝」する事は結果的には中性脂肪減少にも良か効果ばあらわす事なようやけん。 睡眠不足やストレス、一見中性脂肪とは結びつかなか事にも思えますが、大きく関係する事でんあるようやけん。 中性脂肪対策の為にもやはり健康な生活が必要となってくっと言えるとよ。
Copyright © 中性脂肪を減らす All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。